プロフィールへ戻る

研究発表一覧
公開件数:232件
No. 発表形態 発表者名 発表テーマ 発表会議名 発表日
1 ポスター発表
有田悦子、吉田幸恵、中田はる佳、武藤香織
『臨床試験・治験の語り』を“教育”にどう活かすか?
第38回日本臨床薬理学会学術総会
2017/12/07
2 ポスター発表
今野壮太、竹平理恵子、有田悦子
小児気管支喘息治療に関する保護者の意識調査
第27回日本医療薬学会年会
2017/11/05
3 ポスター発表
町村 裕香、竹平 理恵子、有田 悦子
センシティブな内容に対する薬剤師のコミュニケーション傾向
第27回日本医療薬学会年会
2017/11/04
4 ポスター発表
千野佑莉、中井義人、山田 悟、田畑光久、竹平理恵子、有田悦子
糖尿病 患者 の心理に 心理に 配慮した対応の必要性- HbA1c値の変動幅がQOLに及ぼす影響-
第27回日本医療薬学会年会
2017/11/03
5 ポスター発表
竹平理恵子、有田悦子
コミュニケーション教育に特化したルーブリック~統一性のある指導を目指した評価の観点と基準の設定~
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第11回大会
2017/09/09
6 ポスター発表
有田悦子、田代志門、亀井美和子、荒川基記、中田亜希子、竹平理恵子、入江徹美、中村明弘
薬学教育研究実施にあたって必要とされる研究倫理教育―薬学教育に関する研究倫理ワークショップより見えてきた課題―、
日本薬学教育学会第2回大会
2017/09/02
7 ポスター発表
小倉未来、竹平理恵子、有田悦子
認知症患者への応対方法について―薬学生の考える認知症のイメージより―
日本薬学教育学会第2回大会
2017/09/02
8 ポスター発表
8) 野田幸裕、岡村昇、橋詰 勉、入江徹美、石田志朗、木内祐二、木津純子、田村 豊、富岡佳久、中嶋幹郎、松下良、松元一明、有田悦子、吉富博則、奥 直人
薬学教育モデル・コアカリキュラム改定に伴う新規OSCE課題のトライアル
日本薬学教育学会第2回大会
2017/09/02
9 ポスター発表
10) 高橋 恵、飯ケ谷 美峰、有田 悦子、村崎 美和、安達 伶音奈、石井 雄吉
高齢者の望む医療システム構築に関する研究 第1報地域住民のリビングウィルに関する予備調査
第31回日本老年精神医学会
2017/06/24
10 口頭発表
内田尚宏、有田悦子
医療系中規模大学キャンパスにおける学生相談室と保健室との連携
日本学生相談学会第35回大会
2017/05/21
11 ポスター発表
富岡佳久、岡村昇、石田志朗、木内祐二、木津純子、田村豊、中嶋幹朗、松下良、松元一明、吉富博則、宮崎智、伊藤智夫、奥直人
薬学共用試験OSCEの結果解析―2016-
第137年会日本薬学会
2017/03/26
12 ポスター発表
竹平理恵子、池谷博美、有田悦子
医療面接における患者心理への配慮~模擬患者参画型授業を通して~
第137年会日本薬学会
2017/03/26
13 その他
有田悦子、中村明弘、入江徹美、亀井美和子、荒川基記、中田亜希子、田代志門
薬学教育研究に関する研究倫理 -教育研究のための倫理について考えてみよう―
日本薬学教育学会
2017/01/29
14 口頭発表
有田悦子
「なぜ患者は誤解してしまったのか ~患者心理・コミュニケーションの観点から」
日本薬学会 平成28年度 医療人養成としての薬学教育に関するワークショップ 事例で学ぶ臨床研究倫理
2017/01/20
15 ポスター発表
有田悦子、田代志門、荒川基記、池田律子、氏原 淳、川島弓枝、楠瀬まゆみ、高嶋佳代、中島唯善、中田亜希子、楊河宏章、安部隆佑
研究倫理を学ぶ意識づけにつながる 参加型教育プログラムの検討 ~事例から学ぶ参加型研修~
日本臨床薬理学会年会
2016/12/03
16 ポスター発表
市瀬了平 、石塚和美、鳥越一宏 、渡邉一則 、 稲葉健二郎 、有田悦子 、湯本哲郎
SNSの利用状況から見た薬学生の自己開示に関する一考察
第26回日本医療薬学会年会
2016/09/19
17 ポスター発表
浜田晶子 田辺記子 荒井きより 竹平理恵子 有田悦子
薬学部生の認知症のイメージに関するアンケート調査
第26回日本医療薬学会年会
2016/09/19
18 ポスター発表
長木弓子、眞島善幸、荒井きより、田辺記子、竹平恵理子、有田悦子
膵がん患者とその家族における医療相談に関する意識調査に関する研究
第26回日本医療薬学会年会
2016/09/19
19 口頭発表
有田悦子
薬学教育研究、事始め
第1回日本薬学教育学会大会
2016/08/28
20 ポスター発表
野呂瀬崇彦、後藤惠子、有田悦子、井手口直子、大谷 尚
模擬患者」と「標準模擬患者」の関係に対する教育者、模擬患者の認識
第48回日本医学教育学会
2016/07/29
21 ポスター発表
石塚和美、有田悦子、海老原奈々、中川聖菜、鳥越一宏、渡邉一則、湯本哲郎
倫理的葛藤に関する教育プログラムの購入と有用性の評価(第2報)~倫理的葛藤と行動する上での心理的負担度との関係性~
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第10回大会
2016/05/29
22 口頭発表
有田悦子
治療パートナーを目指したコミュニケ―ショントレーニングの実践例 -薬学教育におけるコミュニケーション教育の現状と展望―
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第10回大会
2016/05/29
23 口頭発表
有田悦子、井手口直子、後藤惠子、土屋明美、富澤崇、沼田千賀子、半谷真名子、湯本哲郎
病院薬剤師を対象としたがん患者支援のためのSP参加型研修
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第10回大会
2016/05/29
24 ポスター発表
中井義人、有田悦子、田辺記子、荒井きより、田畑光久、山田 悟
2型糖尿病患者のQOLに患者自身の医学的・心理社会的要因が 与える影響に関する研究
第59回日本糖尿病学会年次学術集会
2016/05/20
25 口頭発表
有田悦子
「薬学教育研究における質的データの活用とその意義」 薬学コミュニケーション教育におけるRIASを用いたコミュニケーション研究
第136年会日本薬学会
2016/03/29
26 口頭発表
有田悦子
「薬学教育学」のスタートアップ  ~何をどのように見て、何を明らかにするのか
第136年会日本薬学会
2016/03/29
27
須賀まなみ、有田悦子、田辺記子、池谷博美、大和田真未、小倉未来、氏原 淳
臨床試験結果の 情報提供に関する意識調査
日本薬学会第135年会
2015/3/26
28 ポスター発表
小倉未来、有田悦子,池谷博美、田辺記子、荒井きより、大坂敏夫、金野良則
東日本大震災被災地の人々が薬剤師に望むことに関する予備的調査
第25回日本医療薬学会
2015/11/23
29 ポスター発表
大和田真未、有田悦子、荒井きより、池谷博美、田辺記子
看取りにおける心理的プロセスに関する質的研究
第25回日本医療薬学会年会
2015/11/21
30
有田悦子
治験インフォームド・コンセント場面を題材とした医療者教育 -有害事象の可能性をいかに伝えるか-
日本医療コンフリクト学会
2015/1/24
31 口頭発表
有田悦子、北澤京子
臨床試験・治験のインフォームド・コンセント~どう伝えていますか? どう伝わっていますか?~
第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議
2015/09/15
32 その他
有田悦子、田代志門
演習 研究と診療の違いを考える:事例から学ぶ被験者心理と研究倫理
第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議
2015/09/13
33 その他
有田悦子、北澤京子、眞島善幸、中田はる佳、野呂、石橋寿子
シンポジウム8 臨床試験・治験のインフォームド・コンセント~どう伝えていますか? どう伝わっていますか?~
第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議
2015/09/13
34 その他
有田悦子、田代志門
講義:演習:研究と診療の違いを考える:事例から学ぶ被験者心理と研究倫理
第15回CRCと臨床研究のあり方を考える会議
2015/09/13
35
有田悦子
模擬患者参加型コミュニケーション教育の有用性~内分泌療法を施行予定の乳がん患者への対応を題材として~
第22回日本乳癌学会学術総会
2014/7/10
36
有田悦子、渡邉達也、後藤惠子
薬学ヒューマニズムAdvanced教育プログラムの一実践例~将来の医療人として”臨床研究と日常診療の違い”について考える
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第8回大会
2014/5/25
37
有田悦子、渡邉達也、後藤惠子
薬学教育ヒューマニズムAdvanced教育プログラムの一実践例~将来の医療人として”臨床研究と日常診療の違い”について考える~
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第8回大会
2014/5/25
38
松田 蓮、有田悦子、大和田真未、日高玲於、渡邉達也、氏原 淳、斉藤友梨、山﨑広之、西端芳彦
非専門家の使用を考慮した治験情報検索のためのシソーラスシステムの開発
日本薬学会第134年会
2014/3/30
39
齋藤美穂 池谷博美 有田悦子
患児を抱える保護者の薬局への期待と薬剤師の対応に関する意識調査
日本薬学会第134年会
2014/3/30
40
羽田野 未麻,有田悦子,池谷博美,佐藤心紀1,竹下 啓
健康診断結果の情報提供および保健指導のあり方に関する研究
日本薬学会第134年会
2014/3/30
41
羽田野 未麻,有田悦子,池谷博美,佐藤心紀1,竹下 啓
健康診断結果の情報提供および保健指導のあり方に関する研究
日本薬学会第134年会
2014/3/30
42
小形香織,押切華映,池谷博美,竹下 啓 ,有田悦子
医療・介護スタッフの胃ろう造設に対する意識調査
日本薬学会第134年会
2014/3/30
43
Etsuko Arita , Yoshiyuki Majima ,Tatsuya Watanabe ,Atsushi Ujihara
How do patients and their care givers search for clinical studies using Internet?
APOS 11th Annual Conference
2014/2/15
44
有田悦子、氏原 淳、丁 元鎭、眞島喜幸、星 佳芳、渡邉達也、荒川基記、田代志門
臨床研究と日常診療の違い」を題材とした臨床研究倫理教育ワークショップの試み
第35 回 日本臨床薬理学会学術総会
2014/12/5
45
荒川基記、濃沼政美、松岡悦子、水井貴詞、有田悦子、氏原 淳、松嶋由紀子、井上和紀、永田将司、塚田伸二、日髙慎二、白神 誠
日本大学薬学部における治験教育への取り組み第6報
第35 回 日本臨床薬理学会学術総会
2014/12/4
46
有田悦子
一般国民・患者にとって利用しやすい 「臨床試験情報検索ポータルサイト」とは? ー2年間の研究活動から見えてきたものー
CRCと臨床試験のあり方を考える会議 in浜松
2014/10/4
47
有田悦子、氏原淳、加藤正臣、清水理桂子、北川誠樹、舊谷英子、太田梓、青野寛之
CRO の新人モニターを対象とした「研究倫理ワークショップ」の試み
第14回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2014 in 浜松
2014/10/4
48 ポスター発表
小形香織,押切華映,池谷博美,竹下 啓 ,有田悦子
医療・介護スタッフの胃ろう造設に対する意識調査
日本薬学会第134年会
2014/03/30
49 ポスター発表
羽田野 未麻,有田悦子,池谷博美,佐藤心紀,竹下 啓
健康診断結果の情報提供および保健指導のあり方に関する研究
日本薬学会第134年会
2014/03/30
50 ポスター発表
齋藤美穂 池谷博美 有田悦子
患児を抱える保護者の薬局への期待と薬剤師の対応に関する意識調査
日本薬学会第134年会
2014/03/30
51 ポスター発表
松田 蓮、有田悦子、大和田真未、日高玲於、渡邉達也、氏原 淳、斉藤友梨、山﨑広之、西端芳彦
非専門家の使用を考慮した治験情報検索のためのシソーラスシステムの開発
日本薬学会第134年会
2014/03/30
52 Poster Presentation
Etsuko Arita , Yoshiyuki Majima ,Tatsuya Watanabe ,Atsushi Ujihara
How do patients and their care givers search for clinical studies using Internet?
APOS 11th Annual  Conference
2014/02/15
53
○長久保いぶき1)、池谷博美1)、田辺記子1)、倉本敦夫2)、阿部和史2)、有田 悦子1)
重症心身障害児(者)をもつ家族を対象とした薬・薬局に関する意識調査
第39回日本重症心身障害学会学術集会
2013/9/26
54
工藤善哉1、池谷博美1、田辺記子1、有田悦子1
RIASを用いた服薬に抵抗感を持つ模擬患者に対する薬学生のコミュニケーション・スタイルの検討
第23回日本医療薬学会
2013/9/22
55
有田悦子
一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究
CRCと臨床試験のあり方を考える会議2013 シンポジウム9:臨床研究・治験活性化5か年計画2012の実現に向けて
2013/9/16
56
渡邉達也、有田悦子、氏原 淳
臨床研究・治験関係者を対象とした、国内外の臨床研究・治験ポータルサイトに関するアンケート調査
第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議in舞浜
2013/9/15
57
渡邉達也、有田悦子、氏原 淳
臨床研究・治験関係者を対象とした、 国内外の臨床研究・治験ポータルサイトに関するアンケート調査
CRCと臨床試験のあり方を考える会議2013
2013/9/15
58
E. Arita, A. Ujihara, Y. Majima, I. Yamaguchi, T. Genshin, K. Hoshi, Y. Nishibata, H. Yamasaki, T. Watanabe, N. Tanabe
A SURVEY ON A CLINICAL RESEARCH INFORMATION PORTAL SITE FOR THE GENERAL PUBLIC IN JAPAN
11th EACPT Congress
2013/8/30
59
有田悦子、田辺記子、渡邉達也、氏原 淳
一般国民の臨床研究・治験情報希求度および収集法に関するネット調査
第34回日本臨床薬理学会学術総会
2013/12/6
60
押切華映、小形香織、有田悦子、竹下啓
胃ろう造設に関わる患者家族の心理的変化のついての検討
第25回日本生命倫理学会
2013/12/1
61 ポスター発表
有田悦子、田辺記子、渡邉達也、氏原 淳
一般国民の臨床研究・治験情報希求度および収集法に関するネット調査
第34回日本臨床薬理学会学術総会
2013/12/06
62 ポスター発表
押切華映、小形香織、有田悦子、竹下啓、
胃ろう造設に関わる患者家族の心理的変化のついての検討
第25回日本生命倫理学会
2013/12/01
63 口頭発表
長久保いぶき、池谷博美、田辺記子、倉本敦夫、阿部和史、有田 悦子、
重症心身障害児(者)をもつ家族を対象とした薬・薬局に関する意識調査
第39回日本重症心身障害学会学術集会
2013/09/26
64 ポスター発表
工藤善哉、池谷博美、田辺記子、有田悦子
RIASを用いた服薬に抵抗感を持つ模擬患者に対する薬学生のコミュニケーション・スタイルの検討、
第23回日本医療薬学会
2013/09/22
65 ポスター発表
渡邉達也、有田悦子、氏原 淳
臨床研究・治験関係者を対象とした、国内外の臨床研究・治験ポータルサイトに関するアンケート調査
CRCと臨床試験のあり方を考える会議2013
2013/09/15
66 Poster Presentation
E. Arita, A. Ujihara, Y. Majima, I. Yamaguchi, T. Genshin, K. Hoshi, Y. Nishibata, H. Yamasaki, T. Watanabe, N. Tanabe
A SURVEY ON A CLINICAL RESEARCH INFORMATION PORTAL SITE FOR THE GENERAL PUBLIC IN JAPAN
11th EACPT Congress
2013/08/30
67 その他

激増する糖尿病予備軍へのアプローチ』
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会、日本医薬品情報学会、北里大学薬学部生涯学習委員会
2013/01/12
68
別府宏圀、武藤香織、有田悦子
患者から見た臨床試験ー臨床試験への患者参画に関する考察-
第12回CRCと臨床試験の あり方を考える会議
2012/9/1
69
有田悦子、田辺記子、五嶋綾佳、齊藤 恵、渡邉達也、氏原 淳
6年制教育移行後の薬学部生を対象とした治験認知度に関する調査
第12回CRCと臨床試験の あり方を考える会議
2012/9/1
70
有田悦子
臨床試験関係者のためのコミュニケーション教育プログラム-「治験同意説明場面」を題材としたロールプレイ研修-

2012/8/20
71
有田悦子、後藤惠子、井手口直子、入江徹美、砂金信義、高木、竹平理恵子、土屋明美、冨澤崇、高田勝利、田辺記子
SPスキルアップ研修会 マイシナリオを作って模擬顧客・患者を演じてみよう!
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会
2012/5/13
72
有田悦子、稲積宏誠、抱井尚子、田辺記子、氏原 淳
非医療系大学生を対象とした治験に対する意識調査
日本薬学会第132年会
2012/3/31
73
斎藤 恵、稲積宏誠、抱井尚子、田辺記子、有田悦子
薬学生、一般学生を対象とした服用薬剤数に対する意識調査
日本薬学会第132年会
2012/3/31
74
五十嵐麻智、田辺記子、冨澤 崇、有田悦子
The Roter Method of Interaction Process Analysis System(RIAS)を用いた薬学生と薬剤師のコミュニケーション分析
日本薬学会第132年会
2012/3/31
75
石井 豊、西島 香、馬場彰泰、赤石 誠、田辺記子、氏原 淳、有田悦子
臨床試験に参加したDCM患者の心理的プロセスに関する質的研究
日本薬学会第132年会
2012/3/30
76
田辺記子、有田悦子、竹下 啓、浅沼史樹、鈴木幸男
がん化学療法の説明に対する患者の意識調査
日本薬学会第132年会
2012/3/30
77
田辺記子、有田悦子、竹下啓、浅沼史樹、鈴木幸男
がん化学療法の説明に対する患者の意識調査
日本薬学会第132年会
2012/3/28
78
有田悦子、石井 豊、 田辺記子、西島 香、渡邉達也、 氏原 淳、馬場彰泰、赤石 誠
臨床試験に参加した拡張型心筋症(DCM)患者の心理的プロセスに関する質的研究
第33回日本臨床薬理学会
2012/11/30
79
有田悦子、石井 豊、 田辺記子、西島 香、渡邉達也、 氏原 淳、馬場彰泰、赤石 誠
臨床試験に参加した拡張型心筋症(DCM)患者の心理的プロセスに関する質的研究
第33回日本臨床薬理学会
2012/11/30
80 口頭発表
有田悦子
最新 薬学コミュニケーション事情 新人薬剤師はこれだけ学んで社会に出てくる
香川県薬剤師会研修会
2012/09/09
81 ポスター発表
別府宏圀、武藤香織、有田悦子
患者から見た臨床試験ー臨床試験への患者参画に関する考察-
第12回CRCと臨床試験の あり方を考える会議
2012/09/01
82 ポスター発表
有田悦子、田辺記子、五嶋綾佳、齊藤 恵、渡邉達也、氏原 淳
6年制教育移行後の薬学部生を対象とした治験認知度に関する調査
第12回CRCと臨床試験の あり方を考える会議
2012/09/01
83 ポスター発表
有田悦子
臨床試験関係者のためのコミュニケーション教育プログラム-「治験同意説明場面」を題材としたロールプレイ研修-

2012/08/20
84 その他
有田悦子、後藤惠子、井手口直子、入江徹美、砂金信義、高木、竹平理恵子、土屋明美、冨澤崇、高田勝利、田辺記子
SPスキルアップ研修会 マイシナリオを作って模擬顧客・患者を演じてみよう!
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会
2012/05/13
85 口頭発表
有田悦子,稲積宏誠,抱井尚子,田辺記子,氏原 淳
非医療系大学生を対象とした治験に対する意識調査
日本薬学会第132年会
2012/03/31
86 口頭発表
齊藤 恵,稲積宏誠,抱井尚子,田辺記子,有田悦子
薬学生、一般学生を対象とした服用薬剤数に対する意識調査
日本薬学会第132年会
2012/03/31
87 口頭発表
五十嵐麻智,田辺記子,富澤 崇,有田悦子
The Roter Method of Interaction Process Analysis System(RIAS)を用いた薬学生と薬剤師のコミュニケーション分析
日本薬学会第132年会
2012/03/31
88 口頭発表
石井 豊,西島 香,馬場彰泰,赤石 誠,田辺記子,氏原 淳,有田悦子
臨床試験に参加したDCM患者の心理的プロセスに関する質的研究
日本薬学会第132年会
2012/03/30
89 口頭発表
田辺記子,有田悦子,竹下 啓,浅沼史樹,鈴木幸男
がん化学療法の説明に対する患者の意識調査
日本薬学会第132年会
2012/03/30
90
有田悦子
臨床試験におけるコミュニケーションについて考える ~よりよいチームアプローチを目指して~臨床試験関係者のためのコミュニケーション教育プログラム ―「治験同意説明場面」を題材としたロールプレイ研修―
第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2011 in 岡山
2011/9/24
91
有田悦子
ワークショップ2 SP参加型研修でコミュニケーション能力を高めよう! ―「がんサバイバー」を題材として―
第21回日本医療薬学会年会
2011/9/1
92
有田悦子他
セルフメディケーションの担い手として、薬剤師のコミュニケーション力を磨こう! ワークショップ2 「SP(模擬患者)参加型研修会―OTCを求めに来られた患者さんへの関わり方」
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ
2011/6/5
93
有田悦子他
セルフメディケーションの担い手として、薬剤師のコミュニケーション力を磨こう! ワークショップ1「SP(模擬患者)スキルアップ研修会-OTCを求めに来た患者さんを演じよう!」
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ
2011/6/4
94
石原克秀、有田悦子(座長)
医療系福祉教育における学科相談員の役割-看護学生を中心に-
日本学生相談学会(座長)
2011/5/22
95
佐藤尚代、有田悦子(座長)
学部特性から考える学生相談活動の工夫ー医療系学部の場合ー
日本学生相談学会(座長)
2011/5/22
96
有田悦子
薬学教育におけるコミュニケーション教育の位置づけと科目連携―6年制教育完成年度を迎えるにあたって-
薬学コミュニケーションフォーラム
2011/3/6
97
有田悦子
医療人としてのコミュニケーション能力を養うために-薬学生を対象とした治験ロールプレイ実習のご紹介-
薬学コミュニケーションフォーラム
2011/3/5
98
有田悦子、田辺(安藤)記子、内田尚宏、池谷博美、菊地真実
薬学ヒューマニズム教育におけるNarrative based medicine研究の可能性
日本薬学会第131年会
2011/3/31
99
田辺(安藤)記子、有田悦子、内田尚宏、池谷博美、菊地真実
薬学部進学に到った理由に関する質的分析-薬学生の語りを素材として-
日本薬学会第131年会
2011/3/31
100
野村奈帆、安藤記子、細谷未佳、有田悦子
薬学部学生における自尊心、ストレス、コーピングの関連について
日本薬学会第131年会
2011/3/31
101
有田悦子、後藤惠子、土屋明美、小茂田昌代、飯岡緒美、砂金信義、冨澤 崇
「薬学生・薬剤師のためのヒューマニズム」刊行記念研修会
「薬学生・薬剤師のためのヒューマニズム」刊行記念研修会
2011/12/25
102
有田悦子、後藤惠子、土屋明美、小茂田昌代、飯岡緒美、砂金信義、冨澤 崇
「薬学生・薬剤師のためのヒューマニズム」刊行記念研修会
「薬学生・薬剤師のためのヒューマニズム」刊行記念研修会
2011/12/25
103
後藤惠子(座長:有田悦子)
タイプによるアプローチ法
第5回日本薬局学会学術大会
2011/11/6
104 その他
後藤惠子(座長:有田悦子)
タイプによるアプローチ法
第5回日本薬局学会学術大会
2011/11/06
105 ポスター発表
有田悦子
臨床試験におけるコミュニケーションについて考える ~よりよいチームアプローチを目指して~臨床試験関係者のためのコミュニケーション教育プログラム ―「治験同意説明場面」を題材としたロールプレイ研修―
第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2011 in 岡山
2011/09/24
106 口頭発表
有田悦子
ワークショップ2 SP参加型研修でコミュニケーション能力を高めよう! ―「がんサバイバー」を題材として―
第21回日本医療薬学会年会
2011/09/01
107 Poster Presentation
E Arita, N Tanabe, M Uchida, H Iketani, M Kikuchi
Introduce the qualitative research methodology into education program for pharmaceutical students
AMEE2011
2011/08/30
108 その他
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会研修企画委員会
セルフメディケーションの担い手として、薬剤師のコミュニケーション力を磨こう! ワークショップ2 「SP(模擬患者)参加型研修会―OTCを求めに来られた患者さんへの関わり方」
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ
2011/06/05
109 その他
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会研修企画委員会
セルフメディケーションの担い手として、薬剤師のコミュニケーション力を磨こう! ワークショップ1「SP(模擬患者)スキルアップ研修会-
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ
2011/06/04
110 口頭発表
石原克秀、有田悦子(座長)
医療系福祉教育における学科相談員の役割-看護学生を中心に-
学生相談学会
2011/05/22
111 口頭発表
佐藤尚代、有田悦子(座長)
学部特性から考える学生相談活動の工夫ー医療系学部の場合ー
日本学生相談学会
2011/05/22
112 ポスター発表
野村奈帆,安藤記子,細谷未佳,有田悦子
薬学部学生における自尊心、ストレス、コーピングの関連性について
日本薬学会第131年会(静岡)
2011/03/31
113 ポスター発表
安藤記子,有田悦子,内田尚宏,池谷博美,菊地真実
薬学部進学に到った理由に関する質的分析‐薬学生の語りを素材として‐
日本薬学会第131回年会(静岡)
2011/03/31
114 ポスター発表
有田悦子,安藤記子,内田尚宏,池谷博美,菊地真実
薬学ヒューマニズム教育におけるNarrative based medicine研究の可能性
日本薬学会第131回年会(静岡)
2011/03/31
115 ポスター発表
有田悦子,竹下 啓,田辺‐安藤記子,鈴木幸男
がん化学療法の説明に対する患者の意識調査
第4回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会(東京)
2011/03/13
116 Poster Presentation
Arita E, Takeshita K, Ando N, Suzuki Y
A Survey of Cancer Patients Attitude on Informed Consent of Anti-cancer Drug Therapy
8th Annual Conference of the American Psychosocial Oncology Society (California, USA)
2011/02/18
117
増渕幸二、氏原淳、桑原岐代、渡邉達也、宮下博幸、齋藤太寿、有田悦子、井上岳、厚田幸一郎
Webデータベースを活用した、治験および医薬品情報業務の効率化
第13回日本医薬品情報学会
2010/7/25
118
渡邉達也、増渕幸二、桑原岐代、齋藤太寿、宮下博幸、有田悦子、井上 岳、厚田幸一郎、氏原 淳
治験および医薬品情報業務の効率化を目的とした携帯用情報端末の活用
第13回日本医薬品情報学会
2010/7/25
119
有田悦子他日本ファ―マシューティカルコミュニケーション学会研修委員会 
ファシリテーター養成研修会
日本ファ―マシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ
2010/6/27
120
有田悦子他 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会研修委員会
薬学部全国模擬患者交流会
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会ワークショップ
2010/6/26
121
内田尚宏、有田悦子
専門職養成学部における進路・就学サポートに関する研究 -薬学部学生の職業イメージとキャリアレディネスの調査より-
第28回日本学生相談学会
2010/5/9
122
井手口直子、有田悦子、後藤恵子、中村千賀子、大谷尚
6年制におけるコミュニケーション教育の現状と展望
日本薬学会第130年会
2010/3/30
123
氏原 淳、増渕幸二、桑原岐代、渡邉達也、齋藤太寿、宮下博幸、有田悦子、井上 岳、厚田幸一郎
多機能携帯電話(スマートフォン)が医療を変える!?-汎用スマートフォン等の携帯デジタル機器を活用した医薬関連情報の取扱い効率化-
日本薬学会第130年会
2010/3/28
124
有田悦子、飯岡緒美、井手口直子、上町亜希子、後藤恵子、高田勝利、冨澤崇、半谷眞七子、平井みどり、松田裕子、村岡千種、藤崎和彦、渡邉達也、氏原淳
コミュニケーション能力向上を目的としたSP参加型研修の実践
日本薬学会第130年会
2010/3/28
125
氏原 淳、増渕幸二、桑原岐代、渡邉達也、齋藤太寿、宮下博幸、有田悦子、井上 岳、厚田幸一郎
汎用スマートフォン等の携帯デジタル機器を活用した治験および医薬品情報業務の効率化
日本薬学会第130年会
2010/3/28
126
浅井和範、望月真弓、有田悦子、倉田なおみ、三田智文、白水俊介、島田雅彦、大谷嘉一、石川さと子、飯岡緒美、田中信忠
SP養成とOSCEへの派遣における東京5大学の連携体制
日本薬学会第130年会
2010/3/27
127
細谷未佳、内田尚宏、飯岡緒美、池谷博美、種村閑、有田悦子
薬剤師を対象とした職業イメージとストレス調査
日本薬学会第130年会
2010/3/27
128
飯岡緒美、細谷未佳、高田勝利、有田悦子
治験同意説明ロールプレイングのコミュニケーション分析
日本薬学会第130年会
2010/3/27
129
○有田悦子  渡邉達也  安藤記子  五十嵐麻智  氏原淳
製薬企業開発担当者を対象とした 「治験同意説明ロールプレイ」研修の試み
第10回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議2010 in 別府
2010/10/3
130 ポスター発表
有田悦子,渡邉達也,安藤記子,五十嵐麻智,氏原 淳
製薬企業開発担当者を対象とした「治験同意説明ロールプレイ」研修の試み
第10回CRCと臨床のあり方を考える会議2010(別府)
2010/10/01
131 Poster Presentation
Arita E, Iioka T, Watanabe T, Ujihara A, Tsuchimoto K
The New Communication Study Program in Pharmaceutical Education Curriculum to Use the Scene of Informed Consent
AMEE2010 (GlasGow, Scotland)
2010/09/07
132 ポスター発表
渡邉達也,増渕幸二,桑原岐代,斎藤太寿,宮下博幸,有田悦子,井上 岳,厚田幸一郎,氏原 淳
治験および医薬品情報業務の効率化を目的とした携帯用情報端末の活用
第13回日本医薬品情報学会総会・学術大会(静岡)
2010/07/25
133 ポスター発表
増渕幸二,氏原 淳,桑原岐代,渡邉達也,宮下博幸,齋藤太寿,有田悦子,井上 岳,厚田幸一郎
Webデータベースを活用した、治験および医薬品情報業務の効率化
第13回日本医薬品情報学会総会・学術大会(静岡)
2010/07/25
134 口頭発表
有田悦子,内田尚宏
専門職養成学部における進路・就学サポートに関する研究 ‐薬学部学生の職業イメージとキャリアレディネスの調査より‐
第28回日本学生相談学会(岩手)
2010/05
135
井手口直子,有田悦子,後藤恵子,中村千賀子,大谷 尚
6年制におけるコミュニケーション教育の現状と展望
日本薬学会第130年会
2010/03/30
136
氏原 淳、増渕幸二、桑原岐代、渡邉達也、齋藤太寿、宮下博幸、有田悦子、井上 岳、厚田幸一郎
汎用スマートフォン等の携帯デジタル機器を活用した治験および医薬品情報業務の効率化
日本薬学会第130年会 岡山
2010/03/28
137
氏原 淳、増渕幸二、桑原岐代、渡邉達也、齋藤太寿、宮下博幸、有田悦子、井上 岳、厚田幸一郎
多機能携帯電話(スマートフォン)が医療を変える!?-汎用スマートフォン等の携帯デジタル機器を活用した医薬関連情報の取扱い効率化-
日本薬学会第130年会  岡山
2010/03/28
138
氏原 淳,増渕幸二,桑原岐代,渡邉達也,齋藤太寿,宮下博幸,有田悦子,井上 岳,厚田幸一郎
汎用スマートフォン等の携帯デジタル機器を活用した医療関連情報の効率化
日本薬学会第130年会
2010/03/28
139
飯岡緒美,細谷未佳,高田勝利,有田悦子
治験同意説明ロールプレイングのコミュニケーション分析
日本薬学会第130年会
2010/03/28
140
細谷未佳,内田尚宏,飯岡緒美,池谷博美,種村 閑,有田悦子
薬剤師を対象とした職業イメージとストレス調査
日本薬学会第130年会
2010/03/28
141
浅井和範,望月真弓,有田悦子,倉田なおみ,三田智文,白水俊介,島田雅彦,大谷嘉一,石川さと子,飯岡緒美,田中信忠
SP養成とOSCEへの派遣における東京5大学の連携体制
日本薬学会第130年会
2010/03/28
142
有田悦子,飯岡緒美,井手口直子,上町亜希子,後藤恵子,高田勝利,冨澤 崇,半谷眞七子,平井みどり,松田裕子,村岡千種,藤崎和彦,渡邉達也,氏原 淳
コミュニケーション能力向上を目的としたSP参加型研修の実践‐「治験同意説明」を題材として‐
日本薬学会第130年会
2010/03/28
143
渡邉達也、氏原 淳、大森亮子、東 慧子、西島 香、多賀政晴、鎌田里子、熊倉理恵、濱田かなえ、有田悦子 
治験施設支援機関を対象としたアンケート調査
第9回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2009 in 横浜
2009/9/12
144
有田悦子、氏原淳、高田勝利、土本寛二
治験における「同意説明ロールプレイング実習」の質的検討
第41回医学教育学会
2009/7/25
145
有田悦子、北里大学薬学部
北里大学薬学部における講義「医療倫理学」
」、第4回ヒューマニティ・コミュニケーション教科担当者会議(日本薬学会第129年会)
2009/3/28
146
渡邉達也、多賀政晴、東 慧子、鎌田里子、有田悦子、氏原 淳、厚田幸一郎
製造販売後調査に関する製薬会社MRへのアンケート調査
日本薬学会第129年会
2009/3/27
147
有田悦子,細谷未佳,堂囿俊彦,齋藤有紀子,神谷惠子,水本清久,氏原 淳,竹下 啓,川村和美,伊藤智夫
北里大学薬学部における講義「医療倫理学」の検討
日本薬学会第129年会
2009/3/26
148
渡邉達也、氏原 淳、大森亮子、東 慧子、西島 香、多賀政晴、鎌田里子、熊倉理恵、濱田かなえ、有田悦子 
製造販売後調査に関するアンケート調査~治験施設支援機関を対象として~
第30回日本臨床薬理学会年会
2009/12/4
149
渡邉達也、氏原 淳、大森亮子、東 慧子、西島 香、多賀政晴、鎌田里子、熊倉理恵、濱田かなえ、有田悦子
製造販売後調査に関するアンケート調査~治験施設支援機関を対象として~
第30回日本臨床薬理学会年会 神奈川
2009/12/04
150
渡邉達也,大森亮子,東 慧子,多賀政晴,鎌田里子,熊倉理恵,濱田かなえ,有田悦子,氏原 淳
製造販売後調査に関するアンケート調査
第30回日本臨床薬理学会年会
2009/12/04
151
有田悦子、飯岡緒美、井手口直子、上町亜希子、後藤恵子、高田勝利、冨澤崇、半谷眞七子、平井みどり、松田裕子、村岡千種、藤崎和彦
ワークショップ「治験同意説明」を題材にSP参加型研修でコミュニケーション能力を高めよう
第19回日本医療薬学会年会
2009/10/24
152
有田悦子(臨床試験部治験管理室・薬学部)鈴木 幸男(北里研究所病院呼吸器内科)竹下 啓(北里研究所病院呼吸器内科)
がん患者を対象とした抗がん剤治療に関する意識調査
日本医療薬学会第19回大会
2009/10/24
153
有田悦子,竹下 啓,鈴木幸男
抗がん剤治療開始時の医療者からの「説明」に関する意識調査
第19回日本医療薬学会年会
2009/10/24
154
渡邉達也、氏原 淳、大森亮子、東 慧子、西島 香、多賀政晴、鎌田里子、熊倉理恵、濱田かなえ、有田悦子
治験施設支援機関を対象としたアンケート調査
第9回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2009 in 横浜 神奈川
2009/09/12
155
渡邉達也,大森亮子,東 慧子,西島 香,多賀政晴,鎌田里子,熊倉理恵,濱田かなえ,有田悦子,氏原 淳
治験施設支援機関を対象としたアンケート調査
第9回CRCと臨床試験のあり方を考える会議
2009/09/12
156
有田悦子,氏原 淳,土本寛二,高田勝利
治験における「同意説明ロールプレイング実習」の質的検討
第41回医学教育学会
2009/07/25
157
内田尚宏,有田悦子
「薬学部学生が抱く職業イメージと進路選択に関する検討3‐4年制学生と6年制学生の2年次における3年間の調査の比較から‐」
日本学生相談学会第27回大会
2009/05/24
158
有田悦子
北里大学薬学部における講義「医療倫理学」
第4回ヒューマニティ・コミュニケーション教科担当者会議 日本薬学会第129年会
2009/03/28
159
渡邉達也、多賀政晴、東 慧子、鎌田里子、有田悦子、氏原 淳、厚田幸一郎
製造販売後調査に関する製薬会社MRへのアンケート調査
日本薬学会第129年会 京都
2009/03/27
160
渡邉達也,多賀政晴,東 慧子,鎌田里子,有田悦子,氏原 淳,厚田幸一郎
製造販売後調査に関する製薬会社MRへのアンケート調査
日本薬学会第129年会
2009/03/27
161
有田悦子,細谷未佳,堂囿俊彦,齋藤有紀子,神谷惠子,水本清久,氏原 淳,竹下 啓,川村和美,伊藤智夫
北里大学薬学部における講義「医療倫理学」の検討
日本薬学会第129年会 京都
2009/03/26
162
有田悦子,細谷未佳,堂囿俊彦,齋藤有紀子,神谷惠子,水本清久,氏原 淳,竹下 啓,川村和美,伊藤智夫
北里大学薬学部における講義「医療倫理学」の検討
日本薬学会第129年会
2009/03/26
163

CRCのための医療心理学 第4回 患者様からの質問 -質問に込められたメッセージに敏感になる―
Clinical Research Professionals 1(5):.
2008
164

CRCのための医療心理学 第3回 患者様にとっての「同意説明」場面 -CRCとの初めての出会い=治験との初めての出会い-
Clinical Research Professionals 1(4):
2008
165
有田悦子,氏原 淳,大森亮子,鎌田里子,東 慧子,西島 香,多賀政晴,渡邉達也,横山 敦,土本寛二 
インフォームド・コンセント場面を題材としたロールプレイ実習の質的検討
第18回日本医療薬学会年会
2008/9/21
166
有田悦子、日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会研修企画委員会メンバー
「ファシリテーションワークショップ」
第18回日本医療薬学会年会
2008/9/20
167
内田尚宏、有田悦子、北里大学薬学部
薬学部学生が抱く職業イメージと進路選択に関する検討
日本学生相談学会第26回大会
2008/5/16
168
有田悦子、岡本実穂、飯岡緒美、氏原 淳、厚田幸一郎
保険薬局薬剤師の治験に対する意識
日本薬学会第128年会
2008/3/26
169
東 慧子、氏原 淳、大森亮子、鎌田里子、西島 香、多賀政晴、渡邉達也、熊倉理恵、本間瑠生、有田悦子、山田好則
臨床試験終了後の被験者に対する情報提供に関する研究【続報】
第29回日本臨床薬理学会年会
2008/12/4
170
東 慧子、氏原 淳、大森亮子、鎌田里子、西島 香、多賀政晴、渡邉達也、熊倉理恵、本間瑠生、有田悦子、山田好則
臨床試験終了後の被験者に対する情報提供に関する研究【続報】
第29回日本臨床薬理学会年会 東京
2008/12/04
171
東 慧子,氏原 淳,大森亮子,鎌田里子,西島 香,多賀政晴,渡邉達也,熊倉理恵,本間瑠生,有田悦子,山田好則
臨床試験終了後の被験者に対する情報提供に関する研究【続報】
第29回日本臨床薬理学会年会
2008/12/04
172
有田悦子,菅野泰蔵
コミュニケーション能力を高める心理教育
第46回全国学生相談研修会
2008/11
173
有田悦子、北里大学薬学部
「コミュニケーション能力を高める心理教育」
第46回全国学生相談研修会(日本学生相談学会)
2008/11/30
174
多賀政晴、東 慧子、渡邉達也、大森亮子、西島 香、熊倉理恵、本間瑠生、鎌田里子、有田悦子、上杉修一、氏原 淳 
CRCによる製造販売後調査サポート体制の確立~製薬会社MRを対象としたPMSに関するアンケート調査~
第8回CRCと臨床試験のあり方を考える会議
2008/10/11
175
多賀政晴、東 慧子、渡邉達也、大森亮子、西島 香、熊倉理恵、本間瑠生、鎌田里子、有田悦子、上杉修一、氏原 淳
CRCによる製造販売後調査サポート体制の確立~製薬会社MRを対象としたPMSに関するアンケート調査~
第8回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 石川
2008/10/11
176
多賀政晴,東 慧子,渡邉達也,大森亮子,西島 香,熊倉理恵,本間瑠生,鎌田里子,有田悦子,上杉修一,氏原 淳
CRCによる製造販売後調査サポート体制の確立~製薬会社MRを対象としたPMSに関するアンケート調査~
第8回CRCと臨床試験のあり方を考える会議
2008/10/11
177
有田悦子,氏原 淳,大森亮子,鎌田里子,東 慧子,西島 香,多賀政晴,渡邉達也,横山 敦,土本寛二
インフォームド・コンセント場面を題材としたロールプレイ実習の質的検討
第18回日本医療薬学会年会 北海道
2008/09/21
178
有田悦子,氏原 淳,大森亮子,鎌田里子,東 慧子,西島 香,多賀政晴,渡邉達也,横山 敦,土本寛二
インフォームド・コンセント場面を題材としたロールプレイ実習の質的検討-薬学生へのコミュニケーション教育の試みとして―
第18回日本医療薬学会年会
2008/09/20
179
有田悦子
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会研修企画委員会メンバー,ワークショップ ファシリテーションワークショップ
第18回日本医療薬学会年会
2008/09/20
180
E Arita, T Iioka, A Ujihara, R Omori, K Azuma, K Nishijima, M Taga, T Watanabe, A Yokoyama, K Tsuchimoto
Role-Playing Study Program of the Informed Consent
The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics(CANADA)
2008/07/27
181
Arita E,Iioka T,Ujihara A,Omori R,Azuma K,Nishijima K,Taga M,Watanabe T,Yokoyama A,Tsuchimoto K
Role-Playing Study Program of the Informed Consent
The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics
2008/07/27
182
内田尚宏,有田悦子,
薬学部学生が抱く職業イメージと進路選択に関する検討
日本学生相談学会第26回大会
2008/05/16
183

CRCのための医療心理学 第2回 患者さんの心理を探る -治験に対する意識-
Clinical Research Professionals 1(3):.
2007
184

CRCのための医療心理学 第1回 理解し、納得していただくために、
Clinical Research Professionals 1 (2 ):
2007
185
有田悦子,氏原 淳,大森亮子,小柴聡美,鎌田里子,東 慧子,西島 香,多賀政晴,飯岡結美,岡本美穂,厚田幸一郎
北里研究所病院治験管理室における「同意説明ロールプレイング実習」の試み
第17回日本医療薬学会年会
2007/9/29
186
有田悦子,氏原 淳,大森亮子,小柴聡美,鎌田里子,東 慧子,西島 香,多賀政晴
北里研究所病院治験管理室における参加型研修の実践 -薬学部実習生を対象とした「同意説明ロールプレイング」-
第7回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2007 in 横浜
2007/9/15
187
有田悦子,飯岡緒美,大森亮子,鎌田里子,東 慧子,西島 香,氏原 淳,土本寛ニ 
治験参加前後のイメージ変化に関する検討
第28回日本臨床薬理学会年会
2007/11/29
188
東 慧子,氏原 淳,大森亮子,鎌田里子,西島 香,熊倉理恵,有田悦子,土本寛二
臨床試験終了後の被験者に対する情報提供に関する研究
第28回日本臨床薬理学会年会
2007/11/28
189

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第10回 患者さんにとっての服薬の意味
調剤と情報Vol.12 No.7
2006
190

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第9回 薬剤師さんからの提案は慎重に-問題解決のヒント-
調剤と情報Vol.12 No.6
2006
191

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第8回 患者さんからの疑問や不安をしっかりと受け止める
調剤と情報Vol.12 No.5
2006
192

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第7回 薬剤師からの質問は、コミュニケーションのきっかけ作り
調剤と情報Vol.12 No.4
2006
193

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第6回 患者さんからの質問に込められたメッセージ
調剤と情報Vol.12 No.3
2006
194

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第5回 「聴くこと」からコミュニケーションは始まる
調剤と情報Vol.12 No.2
2006
195

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第4回 コミュニケーションを取る時の態度-言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの融合-
調剤と情報Vol.12 No.1
2006
196

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第3回 患者さんと初めて会う時、第一は大切です!
調剤と情報Vol.11 No.13
2006
197

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第12回 薬学教育6年制におけるPharmacopsycology Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.44
2006/03/15
198

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第11回 服薬について抱くイメージを確認する Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.43
2006/01/15
199

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第2回 患者さんと会う、その前に・・・まずは自分のコミュニケーションスタイルを知ろう?
調剤と情報Vol.11 No.12
2005
200

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 第1回 コミュニケーションの主役は誰?
調剤と情報Vol.11 No.11
2005
201

これからの薬剤師に必要なコミュニケーション力 患者の心を満たす情報提供のために
薬学図書館
2005
202

基礎から学ぶファーマシューティカルコミュニケーション エピローグ 薬学新時代到来! ファーマシューティカルコミュニケーション研究会の方向性と使命
薬局56(12)
2005
203

シンポジウム報告「医療コラボレーション」
Pharmaceutical Communication Vol.3 No.3
2005
204

これからの医療と薬剤師 患者コミュニケーション
じほう
2005
205

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第10回 信頼を損ねないコミュニケーション‐薬薬連携‐ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.42
2005/11/15
206

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第9回 心の安全性を守る‐枠の大切さ‐ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.41
2005/09/15
207

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第8回 延々と話し続ける患者さんへの対応 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.40
2005/07/15
208

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第7回 薬剤師としてのコミュニケーションスタンス‐精神科系の患者さんへの対応‐ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.39
2005/05/15
209

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第6回 間接的なコミュニケーションの難しさ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.38
2005/03/15
210

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第5回 ”異心伝心”が生んだ調剤ミス Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.37
2005/01/15
211
井出淳司
薬剤師業務に対する意識と調剤エラーとの関連性
薬局55(12)
2004
212

患者心理 服薬の心理を考える
薬局55(8)
2004
213

基礎から学ぶファーマシューティカルコミュニケーション 患者心理 患者さんの気持ちを理解するための基礎知識
薬局55(7)
2004
214

臨床工学技士のための心理学  医療現場で活かすコミュニケーション・スキル
Clinical Engineering14(12)
2004
215

「薬学部におけるコミュニケーション教育の実践」
ファーマシューティカルコミュニケーション研究会雑誌1(1)
2004
216

薬剤師のための医療コミュニケーション入門 心と心をつなぐ服薬指導
薬学図書館
2004
217

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第4回 押してダメなら引いてみよ‐開いた質問の重要性‐ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.36
2004/09/15
218

新・コミュニケーション考 問題解決への道しるべ 第8回 ファーマシューティカルコミュニケーションを、調剤エラーの視点から斬る
薬事日報社
2004/08/30
219

新・コミュニケーション考 問題解決への道しるべ 第7回 ファーマシューティカルコミュニケーションを、エンパワーメントの視点から斬る
薬事日報社
2004/08/09
220

新・コミュニケーション考 問題解決への道しるべ 第6回 ファーマシューティカルコミュニケーションを、患者心理の視点から斬る
薬事日報社
2004/07/26
221

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第3回 誤解を防ぐための心得‐相互確認の重要性‐ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.35
2004/07/15
222

保険薬局薬剤師のための実践 pharmacopsycology 第2回 患者さんの話を理解する‐内容理解、感情理解‐ Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.34
2004/05/15
223

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.33
2004/03/15
224

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.32
2004/01/15
225

「これだけ知っていればあなたも防げるヒューマンエラー」-性格特性から見たエラー傾向-
日本女性薬剤師会研修テキスト
2003
226
◎小川芳子、井手口直子、後藤恵子、吉田賢士
より患者志向の薬剤師を目指して ファーマシューティカルコミュニケーション研究会(Pharmaceutical Communication Association:P-Co研)の発足、経緯と活動
薬学図書館
2003
227

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.31
2003/11/15
228

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.30
2003/09/15
229

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.29
2003/07/15
230

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.28
2003/05/15
231

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.27
2003/03/15
232

保険薬局薬剤師のためのpharmacopsycology入門 Hint de ファーマシー
日経メディカル開発 No.26
2003/01/15


プロフィールへ戻る