獣医学部
 獣医学科
 獣医解剖学
准教授
谷口   和美
TANIGUCHI Kazumi
                       
English

所属
獣医学部 獣医学科 獣医解剖学

学位
農学博士  東京大学  1983/03/29

教育・研究活動状況
脊椎動物の化学感覚器、とりわけ嗅覚器および味覚器の機能形態学的研究を行っている。
嗅覚器はフェロモンの感受器官である鋤鼻器の比較解剖学的研究を、とりわけ呼吸方法の進化との関連において、電子顕微鏡などを用いて研究している。
味覚器は、甘味および旨味受容体の舌、および舌以外の臓器における発現をRT-PCR, in situ hybridization, 免疫組織化学などを用いて、食欲、肥満との関係に注目しつつ、解析している。また味細胞の発生と細胞死も研究している。

研究分野
神経解剖学・神経病理学
基礎獣医学・基礎畜産学
解剖学一般(含組織学・発生学)

キーワード
解剖学、神経科学、感覚器、味覚、嗅覚

教科書・教材
獣医組織学、第6版、日本獣医解剖学会編、学窓社 2014/03
分担執筆
新版 獣医組織学実習マニュアル、学窓社 2011/04
分担執筆
獣医組織学、第5版、日本獣医解剖学会、学窓社 2011/03
分担執筆
カラーアトラス獣医解剖学、カラーアトラス獣医解剖学編集委員会、チクサン出版社 2008
分担翻訳
獣医組織学、第4版、日本獣医解剖学会編、学窓社 2008/03
分担執筆
獣医組織学(改訂第3版)日本獣医解剖学会編、学窓社 2007
分担執筆
牛の解剖アトラス、第一版、日本獣医解剖学会 監訳 チクサン出版社 2005/03
Klaus-Dieter Budras, Robert E. Habel, Bovine Anatomy. An illustrated Text, Schleutersche GmbH & Co. KG, Verlag und Druckerei Hans-Broeckler-Allee 7, 30173 Hannover, Germany, 分担訳P.20-21
家畜組織学実習マニュアル(第2版) 2004
分担執筆
犬の解剖カラーリングアトラス、日本獣医解剖学会監修、学窓社 2003
分担翻訳
獣医組織学(改訂第2版)日本獣医解剖学会編、学窓社 2003
分担執筆

免許・資格
獣医師 1978/04