プロフィールへ戻る

研究発表一覧
公開件数:18件
No. 発表形態 発表者名 発表テーマ 発表会議名 発表日
1 ポスター発表
田中 裕大,友田 吉則,坂倉 智子,椎 崇,厚田 幸一郎
注射薬供給における⼀施⽤ごとの払い出し法の評価
日本病院薬剤師会関東ブロック 第47回学術大会
2017/08/26
2 ポスター発表
友田 吉則,福本 真理子
金属に対する活性炭の吸着特性の検証 -タリウムYes!, リチウムNo!-
第39回日本中毒学会総会・学術集会
2017/06/30
3 ポスター発表
友田 吉則,川内 葵,福本 真理子
金属中毒の消化管除染に用いる吸着剤の検討 -活性炭および陽イオン交換樹脂の吸着能の検討―
日本薬学会第137年会
2017/03/27
4 口頭発表
友田 吉則,福本 真理子,厚田 幸一郎
鉛は本当に活性炭に吸着しないのか? 活性炭吸着療法が推奨されない物質に対するin vitro吸着実験
第38回日本中毒学会 総会・学術集会
2016/07/23
5 口頭発表
友田 吉則
中毒医療に貢献できる薬剤師の育成
第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会
2016/05/13
6 Poster Presentation
Fukumoto M, Yamaguchi M, Tomoda Y, Atsuda K
Acetaminophen−protein adducts and GSH levels at intake of N-acetylcysteine in acetaminophen-treated mice.
North American Congress of Clinical Toxicology
2015/10/10
7 口頭発表
友田 吉則,福本 真理子,小倉 敬史,厚田 幸一郎
新規の中毒起因物質はどんな情報源を検索すべきか
第37回日本中毒学会総会・学術集会
2015/07/17
8 口頭発表
友田 吉則,栗虫 祐理菜,福本 真理子,厚田 幸一郎
2種類の指示薬を用いた鉛の簡易検出法の検討
第29回中毒学会東日本地方会
2015/01/10
9 ポスター発表
新井 万理子,田中 博之,友田 吉則,松本 圭祐,和田 達彦,高山 陽子,松山 晃代,齊藤 聡子,厚田 幸一郎,黒山 政一
北里大学病院における抗HIV薬の処方変更とHIVチームの関わり
第27回日本エイズ学会学術集会・総会
2013/11/20
10 ポスター発表
齊藤 聡子,松山 晃代,前田 景子,田中 博之,友田 吉則,松本 圭祐,和田 達彦,高山 陽子
中年期・老年期のHIV/AIDS患者へのセクシュアルヘルスケアの検討
第27回日本エイズ学会学術集会・総会
2013/11/20
11 口頭発表
友田 吉則,宮島 律子,友田 明子,国分 秀也,近藤 留美子,松原 肇,矢後 和夫
手術予定患者の術前休薬管理への薬剤師のかかわり
第5回北里血管フォーラム
2012/12/03
12 ポスター発表
友田 吉則,田村 和敬,国分 秀也,小川 幸雄,松原 肇,矢後 和夫
ブコローム併用中止時のワルファリンカリウムの至適投与量の検討
第21回日本医療薬学会学術集会・総会
2011/10/01
13 ポスター発表
市村 萌,福本 真理子,友田 吉則,神 一夢,吉村 久仁子,上條 吉人,相馬 一亥
Acetaminophen蛋白付加物(AP-adducts)の日常的臨床分析のための検討
第31回日本中毒学会総会・学術集会
2009/07/24
14 口頭発表
友田 吉則,福本 真理子,市村 萌,矢後 和夫,吉村 久仁子,相馬 一亥
Acetaminophenの肝毒性に対する新規バイオマーカの検討
第31回日本中毒学会総会・学術集会
2009/07/24
15 口頭発表
友田 吉則,福本 真理子,鈴木 清佳,吉村 久仁子,相馬 一亥
配合成分の同時分析によるacetaminophen中毒の毒性評価
日本薬学会年会129年会
2009/03/26
16 口頭発表
神 一夢,市村 萌,藤森 太一,戸塚 美郷,友田 吉則,福本 真理子,吉村 久仁子,相馬 一亥
物質固有の物理化学的性状は中毒の診断・治療に役立つか 中毒起因物質のlogPデータの収集と解析
第23回日本中毒学会東日本地方会
2009/01/10
17 口頭発表
友田 吉則,福本 真理子,鈴木 清佳,吉村 久仁子,上條 吉人,相馬 一亥
Acetaminophen中毒の毒性評価に有用な分析方法の提案
第30回日本中毒学会学術集会・総会
2008/07/11
18 口頭発表
鈴木 清佳,福本 真理子,友田 吉則,梶 英輔,上条 吉人,相馬 一亥,近藤 留美子,矢後 和夫
繰り返し投与に有効な活性炭製剤の探索 球状活性炭(Kremezin)によるIn vitro吸着実験
第29回日本中毒学会学術集会・総会
2007/07/27


プロフィールへ戻る